会社紹介:デザインショップまちや

街をデザインする会社

大規模マンションプロジェクトを主な活動の舞台として、生活者の視点からみたコンセプト立案や共用施設計画、そして入居後のコミュニティ形成の為の支援活動を実施している、自称「街をデザインする会社」。
中でもコミュニティー形成支援活動においては業界の草分け的存在で、「フレンドリークラブ」という名称のもと、街(マンション)に暮らし始めた人々と一緒になって、生まれたばかりの街の暮らし方・コミュニティーのあり方を検討し、自立したコミュニティー形成を目指した各種活動を実施。コミュニティーづくりを目指す管理組合のコンサルタントとして、その活動は新聞・雑誌・テレビなどにも取り上げられ、マンションライフの新しい動きとして注目されている。

最近は、新たな取り組みとして、あまりに乖離しすぎた都市生活と自然との関係を再構築すべく、都市と自然をつなぐコミュニティー活動を展開。自然を通して人と人がつながっていくというユニークな試みに、マンション居住者だけでなく、様々な分野の専門家から、高い関心を集めている。

会社設立は1996年。主に民間ディベロッパーやマンション管理組合からの要請をうけて、これまで首都圏を中心に60ヶ所以上の街づくりプロジェクトに参画してきた実績をもつ。

これまでに参画したプロジェクト

デザインショップまちやがこれまでに参画したプロジェクトの一覧はこちら

メディアでの紹介

新聞・雑誌

2001/1/1 日本経済新聞「21世紀型家族巣立つ」
2001/7/23 アエラ
2001/8/5 マンション管理新聞
2002/7/12 日本経済新聞「マンション 再生の見取り図」
2003/9/2 不動産経済FAX-LINE「自己実現の場としてのマンション」
2005/7/14 神奈川新聞「ご近所関係を支援」
2005/8/3 産経新聞「マンション〜進むコミュニティー形成」
2005/11 日経トレンディ「心配解消のお値段 〜人づきあいが心配」
2008/5 Housing Tribune 「住宅業界で相次ぐ新コミュニティ提案〜“つながり”をデザインし住まいの価値を向上する」
2009/8/10 読売新聞「長寿革命〜支える力」

TV

2005/7/12 フジテレビ 「とくダネ!」
2006/2/1  TBS「SERVEの魔法」
2009/12/1 NHK総合テレビ「おはよう日本」