コミュニティ形成支援:デザインショップまちや

まちやでは“フレンドリークラブ”の名称で、入居間もない集合住宅・戸建て住宅街におけるコミュニティ形成支援活動を実施しています。コミュニティの発生や活性化に関する議論は今に始まったことではありませんが、原則的に「人」にたよる部分が大きいため、いくら必要性を叫んでも結局は「人」次第。コミュニティを引っ張る事の出来るリーダーが見つからない限りあきらめるしかない、というのが特に都市部におけるコミュニティの実態でした。いわんや、集合住宅においては「人付き合いがないのがマンションの魅力」とまで長い間信じられていました。
そこでまちやでは、コミュニティ(街)の定義から見つめ直し、お父さんもお母さんも、働いているOLさんも、おばあちゃんも、もちろん子ども達も、誰でも関心をもてるコミュニティのあり方、街のあり方を模索してきました。コミュニティは自然発生するものではありません。コミュニティに明確な目的を持たせることで、当の本人達も驚くほどの魅力あるコミュニティーが生まれていきます。

コミュニティ形成支援活動における主な業務内容

1)コミュニティ運営母体へのコンサルティング

コミュニティ形成支援活動の基本は、管理組合やコミュニティ運営母体(フレンドリークラブ運営委員会等)へのコンサルティング活動が柱となります。現代社会におけるコミュニティーのあり方、なぜコミュニティが必要なのか、当該マンションではどのようなコミュニティが望まれているのか等、コミュニティーに向きあうための基礎知識を習得していただきます。

2)コミュニティプログラムの企画・運営

まちづくり、コミュニティ形成を推進していく上で効果的なプログラムを企画・運営します。
これまで実施してきた主なプログラムリストはこちら。

3)人材育成プログラム

コミュニティイベントの企画運営ノウハウや会報紙の編集ノウハウ、コミュニティサイトなどの制作運営ノウハウうを具体的に学ぶプログラム。

4)コミュニティデザイン・センター(CSC)の運営

デザインショップまちやでは、自主運営期に入ったフレンドリークラブへの継続支援活動を実施しています。フレンドリークラブが導入されていないマンションや自治会などの支援も実施していますので、お気軽にご相談下さい。