企業情報:デザインショップまちや

これまで参画したプロジェクト

活動の舞台は1000人~3000人が暮らしている大規模マンションを中心に、これまで40ヶ所以上(関西2ヶ所含む)のプロジェクトに参画してきました。マンションの規模は小さいもので160戸程度、大きいものでは600~800戸程度の規模になります。人口でいくと1000人~3000人は居住している、まさに「街」といっても過言ではない規模のマンションばかりです。2009年から初めて戸建て住宅街のプロジェクトに参画。コミュニティカフェを運営しながら各種コミュニティ形成支援活動を実施中。

プロジェクト一覧はこちら

企画からコミュニティ支援までの業務の流れ

◎各プロジェクトとの関わりは計画段階から始まり、入居後までつづきます。街づくりに計画段階から関 わっていき、街づくりの方針や活動の主な舞台となる共用施設計画、街の管理運営計画などをデベロッパーに提案します。そして次のステップとして、自分たちで描いた街づくりのシナリオを、実際にそこに暮らす人々と一緒になって具体化していきます。もちろん、シナリオはあくまで計画段階のものでしかありませんから、具体化するときには、街づくり活動の主体であり主役である居住者の声を反映させていくことになります。街に関わる様々な人々の価値観を理解し尊重しあうことで、多くの人々に参加意識をもたせ、かつ街づくりを継続させていくための土台が築かれます。

業務の流れ